関ケ原石材 建材カタログ 2021-2022|関ヶ原石材株式会社
5/268

・-2 3すべり抵抗係数(CSR)すべり抵抗係数(CSR)・JIS Z 8901に規定する試験用粉体1の7種と水道水とを、 1:4 の質量比で混合した懸濁液を約 400 g/m2散布・滑り片:ゴムシート 硬さ(A形)72〜80、厚さ6mm測定、表記のすべり抵抗係数(C.S.R)値は、履物やご使用場所状況により実際の感覚と異なる場合があります。参考値であり、値を保証するものではありませんので、ご了承ください。本社 TEL:0584-43-2700  FAX:0584-43-0211    東京 TEL:03-5634-8211  FAX:03-5634-8217大阪 TEL:06-6922-7661  FAX:06-6925-7059※ 濃色石種の水磨・レザー仕上の場合、素手で触れた跡が残ることがあります。床の種類履物を履いて動作する床、路面一番平滑なピカピカのツヤがある仕上マットな風合いの艶消し仕上表面がフラットでざらつきの無い仕上表面に火を当てて粗面にする仕上荒々しい凹凸の粗面で、石の地色を出せる仕上石目に沿って割ったそのままの仕上自然の風合いを出す叩き仕上表面をノミで叩いたノミ跡の残る仕上チェーンによる切断で一方方向に挽跡が残る仕上表面に凹凸のある仕上表面にざらつきのある仕上切断したままの表情の仕上丸鋸の切断したままの表情の仕上荒い粒度の砥石で研磨した仕上硬いブラシで表面を研磨した仕上滑らかな表面に陰影が付き、長年使用されたような質感の仕上革(レザー)に似た質感を持つ仕上関ヶ原石材オリジナルの革(レザー)に近い質感の仕上 ほどよく丸みを帯びた滑らかな凹凸面の仕上小段を連続的・不規則に加工し凹凸を施した仕上マット仕上の上に凹凸を施した仕上(イタリア アリオステア社の表記) 通常のマット仕上と同等の仕上(イタリア アリオステア社の表記) 履物着用の場合の耐滑り性単位空間等敷地内の通路、建築物の出入口、屋内の通路、階段の踏面・踊場、便所・洗面所の床傾斜路(傾斜角:θ)客室の床推奨値(案)C.S.R=0.4以上C.S.R-sinθ=0.4以上C.S.R=0.3以上[紳士靴、歩行の場合][紳士靴、歩行の場合]・ 20.68・ 00.371.050.20.40.60.81.01.21.4非常に安全である非常に安全であるかなり安全であるかなり安全であるやや安全であるやや安全であるどちらとも言えないどちらとも言えないやや危険であるやや危険であるかなり危険であるかなり危険である非常に危険である非常に危険である■仕上について本磨・磨水磨マットJPスクラブ割肌ビシャンノミキリチェーン引きラフグリップ切削ダイヤ挽・コ―ピン荒摺ブラシアンティークレザー・スエードSSレザータンブルレガータシルクソフト■すべり値についてすべり値はJIS A 1509-12に基づいた試験方法で測定した値です。床に使用するタイル表面で、水濡れ・土足歩行の場合のすべりやすさを値として示します。試験時タイル表面に散布する懸濁液及び滑り片は以下を用いました。■お問い合わせ窓口トレーディング事業部 スタイル事業推進課

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る