Column

注目のオススメ石種

2017. 11. 30

推薦石種 大理石 クリークブラウン のご紹介

クリークブラウン 関ヶ原№2053

今回は、木目柄を持つ大理石のご紹介です。
この石種の特徴は水平に走る木目柄ですが、木材と違いシャープかつモダンな印象を与えます。
色調は温かみのあるグレーがかった茶の地色になります。通常、自然石は原石ごとに地色の濃淡が出るのですが、 この石種は地色の変化が少なく大面積の床にも使用し易いのも利点です。石質は大変硬く比較的吸水率が低い為、キッチンの天板や床材などに適しています。

木材との相性も抜群なので、日本の家屋にもすっきりと溶け込む素材と言えるでしょう。

硬質な為、本磨の艶のりも非常に良く、長期間艶落ちしにくいのも特徴です。
欧州で人気のある表面仕上は本磨、水磨に加え、鉱物の硬軟により凹凸の出るレザー仕上や ウォータージェットにブラシ仕上を組み合わせたもの、サンドブラスト仕上などバリエーション豊富です。
変わり種の新石種クリークブラウンを横目柄石種のレパートリーに加えて頂ければと存じます。