Column

社長の一石

2016. 3月

サンプルルームのコンパクト版【サンプルブック】

大きな設計事務所やデザイン部門のオフィスには、サンプルルームがあり、大理石やミカゲ石の見本を手に取って見られる様になっています。そういった見本の設置のお手伝いをさせていただくケースは多いです。

 

一方、スペースの限られたオフィスのお客様からは、印刷物でなく本物で気軽く手にとって見易いサンプル帳みたいなものはありませんか?と今まで何件か相談を受けていました。

 

そこで社内にて検討してもらった処、そう言ったご要望に応えられる【サンプルブック】が考案されました。もうすぐできあがる予定です。

 

9cm×7cm程大きさの石見本が、6枚づつA4のハードカバーに左右見開きで1冊に12枚、石種名など表示して貼り付けてあります。

大理石とミカゲ石が2冊づつの計4冊、48種類の石種で構成されていて、幅15cm程のプラスチック・ケースの中に4冊が収まっています。

 

A4の大きさでコンパクトに納めたので、オフィスの本棚に収納できるサイズです。

48種類と石種は限られていますが、主な石種の色や柄、素材感を確認したり、他の建材とのコーディネートの際に充分活用していただけるものだと思います。

 

カタログとは違って、ものがものだけに沢山は用意はできませんが、数十セットを現在製作中で、新年度の4月中にはお世話になっているお客様に配付できる予定です。

 

自然なものである石は採掘場所や時期によって色や柄が多少変わるので、具体的なプロジェクトが進んで行く過程では実際に使われる大きな見本が必要とされますが、それ以前の企画時点や基本設計段階で、身近にあって実際に見て触れていただく、と言うのがこのサンプルブックの存在意義だと思います。

 

新年度の新サービスとして、お客様にこのサンプルブックをお届けしたいです。

またこのサンプルブック以外にも、最新・最強ツールとして総合カタログも現在製作中ですが、それはまた改めて新年度に案内したいと思います。

2016年3月