ジュライエロー

ジュライエローが使われた施工例

最近多く使用される石種のひとつに
ジュライエローという名前の石があります。
ドイツで産出されますのでユライエローとも呼ばれます。


名前からもわかるように、この石の地層はジュラ紀の時代。
今から約2億年前の地層で、地球上は恐竜や多くの生物が繁栄していた時代でした。


当然ながらこの石種では通常の石に比べて化石が多く見つかります。
さすがに恐竜の化石は無理ですが、アンモナイトやベレムナイト等の化石はかなりの確率で見つかっています。

街で見かけたら、ちょっと注意してみてください
ジェラシックパークとリアルでつながる瞬間かもしれません。

ジュライエロー施工実例
東京国立博物館 法隆寺館
赤坂サカス、赤坂駅(東京メトロ千代田線)
日本橋三越前(東京メトロ銀座線 地下通路)
朝日放送新社屋
近鉄新難波ビル

ベレムナイト

厚歯 二枚貝

アンモナイト

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO