石の不具合事例

大理石のツヤ落ち

ツヤ落ちの症状
主な原因
大理石や石灰岩で発生する場合が多く、まれに花崗岩でも発生します。
ビール、サイダー等の付着や雨水が長時間付着して石の成分と酸(炭酸)による化学反応で表面が変化して発生します。
対処方法
石材自体の表面が変質しているため、もとどおりにするには再研磨しか方法はありません。再発を防止するためにWAXや特殊な処理剤を処理する方法もありますが、石材独特の自然な素材感が変化する場合もあります。

大理石の汚れシミ

汚れシミの症状
主な原因
石材の特徴である吸水性(水等を吸込みやすい性質)によって汚れが浸透し付着したためです。
対処方法
なるべく早く洗浄することが必要です。
時間が経過するにしたがって除去が難しくなります。
薄い中性洗剤で除去できる場合があります。

サビ

サビの症状
主な原因
石材にはサビを発生させる成分が含まれていますが、ごく微量なため石材全体までの色を変化させることはありません。多くの場合は他所からの浸透や付着によるものです。
対処方法
ミカゲ石の場合には、クエン酸等の弱酸による処理が有効ですが、大理石の場合は酸が使用できないため、中性洗剤による表面洗浄で除去します。

濡れ色(濡れシミ)

濡れシミの症状
主な原因
石材施工時に使用するモルタル(セメント)に含まれるアルカリ成分が水に溶けて石材内部に浸透し、水分が乾燥した後に残留したアルカリ成分が結晶化したものです。
対処方法
多くの要因が影響しているため原因の特定は難しく、特効薬的な対処方法はありません。
熱乾燥で除去できる場合もありますが、確実とはいえません。
こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO