職場の業務ステップップとして「改善活動」の取り組みを

    今期の経営方針【業界最高水準に向けて、もう一段のステップアップ】について、コラムや     
   会議、
朝礼などの様々な機会を得て皆さんに伝えています。
   既にミッションの掲示や社内勉強の開催など方針に沿った活動を見聞きすることができて、
   ありがたく感じています。

   できればこれを業績などの数字だけでなくて、会社の雰囲気とか風土と言ったさらに実感の伴う様   
   にもって行けないものだろうかと前から考えてきましたが、そういった取り組みとしては、やはり
   「改善活動」が一番良いだろうと思い当たりました。
   このステップアップの64期がスタートに良いタイミングだと思いますので、改善活動をスタート
   させたいと思います。

    当社に限らずこの石材業界を眺めてみると、「一国一城の主」的な性格が強いです。営業はその
   担当者次第で、見積から納めまで個人差・個性差が大きかったですし、工務も一つ工事を担当した 
   ら、最後まで一人で全部背負わざるを得ない風習の様な部分がありましたが、この20年間でかな
   り改善されたのではないでしょうか。

 
   今例に上げた様に、個人能力だけに頼る流れから、職場や部門の「組織力」を活かしてチームで
   改善を進めていく、そういう会社の体質に徐々になってきていると思いますし、「業界最高水準へ

   向けた」道は、そこにあると私は考えます。
    会社紹介のDVDを創立60周年記念で制作しましたが、それは関ヶ原石材を知るキーワードと
   して提案力、作図力、製品加工能力、施工力、技術力、確かな実績を挙げていますが、何より1番 
   先頭に持ってきているのが「強い組織力」です。
   これは単なる宣伝文句ではなく、実際に「さすがはセキガハラさん」とお客様に誉めて頂ける
   大きなポイントであるし、我々自身のマインドにセットされているものです。

   これを強くしましょう!!
   約20年前までの日本加工全盛の経済成長時代には当社でもQC活動がありましたが、分社化を
   経てからは関ヶ原石材では改善活動が休止したままでした。
   そろそろリスタートの時期だと思います。ゆっくりと小さな階段で結構ですが、
着実に昇って
   行きましょう。



                                   2014年 水無月

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO