職場の「ミッション」再点検

石工事を中心とした当社の三大業務と言えば 「営業」 「工務」 「工事」 ですが
その方達は勿論として、間接部門の皆さんにも 【職場のミッション】 を考えること
つまり、何の為に自部門があるかを考えるのは、非常に意味があったと考えています。

何年も同じやり方で、新たにチャレンジすべき事なしに過ごしていないか?
取り扱うべき事柄や要求項目が変わった事に気がついているか?
目指すレベルが曖昧で、毎日がマンネリになっていないか?

例えば 「工程課」 ですが、製品をスムーズに現場に届けるのがその任務ですが、
今やミカゲ石は中国製品が主流になりました。見方や考え方が従来通りだと
「工程課」 にとって中国製品は 「無関係」 となってしまいます。

組織も見直し、今期は対象製品を 「本社~現場」 だけでなく 「中国~現場」 にまで
範囲を広げて、製品の工程管理とコスト削減に取り組んで頂いています。
今までにない視点や目標値になりましたから、大きな改善の第一歩です。

今回こうやってコラムで取り上げることで、継続した取り組みになっているか、
再確認して頂きたい訳ですが、その際、次の3点でチェックしてみて下さい。

 1.【目標値】 がはっきりしていて、現状上手くいっているのか良くないのか、
   見える状態か? 少なくとも 【月に1回は職場の皆で確認】 されているか。

 2.取り組み項目が 【毎日の動きや活動】 とつながっているか?
   ミッションの 「掲示ポスター」 が、干からびたお供え物の様になっていて
   日常業務と全く別の世界になっていないか。

 3.自部門だけでなく、顧客や後工程などの 【誰かの為】 の活動になっているか?
   これは、やらされている感覚から、自発的なモチベーションに変える意味でも
   大切で、是非職場の朝礼やミーティングで確認し合って頂きたい。

2013年 文月

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO