社長の一石(いっせき)       取締役社長  小林 亮太

今や弊社工場かの在庫は500石種に

【朝日新聞デジタル版】にハローストーンプロジェクトでお世話になっている
川島蓉子さんが書かれた当社の記事が、7/19に掲載されました。
この続きも8/2に掲載され、2回に渡った記事になると思います。

http://www.asahi.com/and_w/articles/SDI2017071800061.html

その記事の紹介内容の確認をしている中で、弊社工場で現在取り扱っている石種を
数えて貰ったら、仕入先は50ヶ国からで石種は500ほどある事が判明しました。

今までパンフレットには「在庫原石300種類」と記載してきたので、疑うこと
なく長年その数字でお客様に伝えてきました。皆さんも同じだと思います。

新石種の開発に力を入れてきた結果、在庫石種が増えたのは、当たり前と言えば
当たり前なのですが、過去から200石種近く増えたことをしっかり認識せず、
取り上げてこなかったことは盲点と言うか、灯台下暗しだったと反省しています。

考えてみると、以前は原石中心の輸入だったのが、石工事が小口化したことや
挽板の方が原石よりも石の地色や模様を判別し易いことで、今は挽板中心の
輸入になっています。高級な石種にいたっては、挽板でしか買っていません。

勿論原石も、框とか彫刻的な加工を施すのに必要ですので、従来通り輸入は
続けますが、今の挽板重視の買いつけ方針は、変わらないと思います。

最近、新しい石種の名前が直ぐに出てこないのは年をとったせいかと思って
いましたが、500種類にまで増えていたのだから、若い人でも覚えるのは大変だ
とホッとしました。が、やはりこの500種類を頭に入れておかないといけませんね。

                          2017年 文月

                      

                      

                             

過去の記事

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO