関ヶ原から羽ばたく石彫アーティスト 土井彩香さん     by Micha

2018年11月01日 11:05

 
関ヶ原石材の本社には、世界各国で採掘された大理石やミカゲ石のブロックや板材が数多く保管されています。これらの材料は主に建材へと加工されていきますが、アートの素材として使っていただくこともあります。
今日ご紹介するのはそんな石を使ったアーティストの一人、土井彩香さんです

土井さんは1989年生まれ。2015年に多摩美術大学美術学部彫刻学科を卒業し、
2017年に東京藝術大学大学院美術研究科修士課程を首席で修了されました。
また2017年に行われた若手作家の登竜門「学生限定・立体アートコンペ AAC 2017」では
見事優秀賞を受賞された将来を嘱望される石彫アーティストです

2017年の卒業制作「花ぐもり」(写真)をはじめ、多くの作品を関ヶ原石材本社に隣接する
高木嗣人氏(写真左)の石工房「高木工房」で制作されています。
大理石のブロックから繊細な生き物の造形を生み出す技は見事の一言に尽きます。
作品や制作の様子などが掲載されている、土井さんのInstagramやTwitterをぜひご覧ください。

     ※写真は土井さんのインスタグラムより

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO